『秋夕特集』私達の祝祭日には やはりトロット
原文:朝鮮日報2001年9月27日
(該当頁が更新されてしまうと見れなくなります)


← 白馬に乗って歌う羅勲児

☆ コンサートの曲目はこちら

 秋夕(チュソク、旧盆)には、やはりトロット。

普段は10代のダンスミュージックに押されて ‘おろそかなもてなし’をくっていた
トロット歌手達が地上波TV三社の秋夕特集プログラムに大挙登場、チュソク雰囲気を掻き立てる。

白眉はやはり、羅勲児ショー。

MBCは30日(2001年9月)夜9時45分から二時間、
秋夕特別ショー “大韓民国 歌人 羅勲児”を放送する。

去る22日5000人余りが参与して開かれたオリンピック公演の実況の録画中継で、
100人規模の管弦楽団、200人余りの合唱団と共演する超大型バラエティー舞台だ。

 祝祭日ショーの度にびっくりすることを一つづつする羅勲児は、
今度はメタルバンド「ディアブロ」を登場させる。
メタルで編曲した「雑草」を歌ったり、伝統的なトロット情緒の代表曲をアカペラで編曲して聞かせたりする。
韓国トロットとアメリカのカントリー音楽に流れる共感を探してみるという試みだろうか?
急に馬が一頭舞台に登場して、羅勲児がその上で
ジョーンデンバーの「Take me home CountryRoad」を歌う。

 今度の「ショー羅勲児」のデュエットはタレントのペ・ジョンオク。
ドラマ(私たち他人ですか)主題歌(アダムとイブのように)を一緒に歌ったのを縁に舞台に立つ。

 続いて大型船が舞台に登場する中、合唱団、舞踊団と一緒に演ずる「大平歌」と「舟歌」が公演を仕上げる。(イジヒョン記者)
(日本語訳:byおおきに2001年9月)

見て見てリンク集へ戻る
羅勲児日本ファンサイトTOPへ
羅勲児日本ファンサイトTOPへ